08月≪ 2016年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016.09.17 (Sat)

マフィンの血液検査

毎年4月、フィラリア検査のついでに、血液一般項目の検査もしてもらっています。
2ピキとも、ずっと問題なしだったのに、今年は。。。
11歳のショコラではなく、6歳のマフィンが引っかかりました。
ALPとGPTが基準値を外れていました。
ALP:470
GPT:111
ここが高いと、胆嚢疾患が疑われるそうなのですが、エコーでみてもらったら
胆嚢の大きさは正常。食欲不振や黄疸などの症状もなし。
ただ、数値として出ているので、胆汁の流れが悪くなっている可能性があると。
悪化すると、胆汁に粘りがでて流れが悪くなり、胆泥症や胆管閉塞などに
つながるそうです。
とりあえず今と同じ生活をしてみて、7月に再検査してみましょうということに。

DSC_9872.jpg

これにはショックで。。。
マフィンは元気そのもので、まだ若いし病気なんて無縁だと、勝手に、思ってました。
でも、気づけば体重も3キロ台が当たり前になってしまっていて、
忙しさにかまけて、ちゃんと栄養管理してあげられてなかったんだなぁ、と。。。
フードジプシーしていたのも悪かったのかもしれない。
本当に反省です。

DSC_0320_20160912235358290.jpg

7月の血液検査まで、何かできることをしようと、ダイエットに励みました。
まずは、KONAママさんの紹介でフードを変えて(ありがとうございます!!)
ゆで野菜を細かくしてトッピングしてみたり。
大大大好きなグリニーズ(超小型犬用カロリーオフ)半分に切ってあげていたけど、
これも封印。
たまに七面鳥アキレスを噛ませるか、きびなご1匹にしました。

飼い主の心配をよそに、マフィンは毎日元気に過ごしてくれてます。
そして7月になり、病院へ。
体重は300g減の3キロちょうどになっていました。
血液検査の結果は。。。

DSC_0239_20160923142100c13.jpg

残念ながら、4月とさほど変わっておらず。
急を要する数値ではないので、ウルソ処方で様子を見て、
また10月に再検査しましょうということになりました。
ウルソは、胆汁の分泌を増やし、流れを良くする(とされている)薬です。
効けばいいけど。。。なんとも、モヤモヤの日々です。
でも良かったのは、初期段階で判明したということ。
やはり年1回でも、血液検査はするべきだなと思いました。

ダイエットはもう少し続けます。急激に減らすのは良くないので、
増えたり減ったりしながらでもいいから、のんびりと。
1歳時の体重、2.6キロを目指して!えいえいおー!
※道のりは長い。

PIC0002FC.jpg

ネットであれこれ調べ、参考になるブログなども見ましたが、
胆嚢系の病気に詳しい方、どんな情報でも良いので教えてください。

いまやっていること。
・ベジタブルサポート
・ケンドック
・たま~に手作り食

気になっていること。
 ・ニカショウ
 ・アニマストラス
 ・完全手作り食にするべきか・・・
 ・フィラリアのお薬(チュアブルでマダニや回虫も駆除)やワクチンは大丈夫?→病院では大丈夫といわれた。
 ・予防的に胆嚢摘出した方が安心?→病院では、犬は予防的摘出はあまりしないといわれた(人間はする)。
 ・セカンドオピニオンするべき?

スポンサーサイト
14:49  |  マフィン  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。